CRCと治験

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCと治験

CRCという仕事は、日本語に訳すと「治験コーディネーター」と呼ばれます。治験を実施する医療機関において、その推進をサポートするのが役目です。治験とは、まだ世の中に出回っていない新しい薬について、その有効性や効果、副作用の有無・内容などを臨床現場で確かめるものです。治験を行わなければ、新薬を販売することはできないのです。

治験は医師によって行われますが、その現場に最も近い位置でその治験全体をコーディネートするのは、CRCといえます。治験を依頼する、新薬の開発元である製薬メーカーと、治験を行う医師、そして治験を受ける被験者。これら全ての人々と関わりながら、間に立って連絡・調整などを行っていきます。まさに治験の中核を担う仕事といえるでしょう。 治験を行うのは、医療現場です。治験を専門に行う治験専門施設もありますが、多くは通常の診療を行いながら、その一角で治験を実施しています。医師や看護師は治験に関わることはできますが、診療があれば常に治験に目を向けている訳にはいきません。そういったときでも、CRCは治験の進行をスケジュールに則って常に支えていくのです。

治験を行う上で、CRCという存在は必要不可欠です。治験は人の命に関わる新薬を扱いますので、当然それだけ大きな責任を伴います。例えば微熱が出たといった一見小さな変化も、見逃してはいけません。些細な変化を見逃したり、あるいは誤った報告を1つ挙げてしまったりするだけで、大問題になります。巨額の費用を投資して取り組んだ新薬開発が一瞬にしてストップとなったり、あるいは誤認によって大きな副作用の可能性を見落とし、人命を危ぶむような事態を招いたりすることもありえるのです。医師はCRCを信頼して、現場での業務を任せます。CRCは治験を滞りなく進行するために、重要な役割を持っているのです。

また治験を実施する医療機関は、新薬を開発している製薬メーカーによって選別されています。その製薬メーカーとやり取りを行うのは、CRCがメインとなります。そのため製薬メーカーにとって、CRCは医療機関側の窓口として見られているのです。医療機関がどんな雰囲気で、適切な治験実施が可能であるのかといったことは、CRCが行う製薬メーカーとのコミュニケーションからも判断されているのです。特に治験を専門に行う医療機関や、SMOから派遣されているCRCの場合には、製薬メーカーも「お客様」であるといえます。自身の対応で評価を下げないよう、適切な治験実施に取り組む必要があるでしょう。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.