CRCになるには

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCになるには

CRCになるために、医療・医薬かかわる資格を保持することは必須といえます。薬剤師はもちろんのこと、看護師やあるいは管理栄養士などでも、CRCになれる可能性があります。薬剤師の資格をもっていれば、CRCになるための第一条件をクリアしていると言っても良いでしょう。

しかしCRCになるには、資格だけでは不十分なこともあります。その他に、医療機関での臨床経験を求められることが多くあるのです。なぜならCRCは、医療機関で働く職種だからです。企業内で働く管理薬剤師や、薬局で働く薬局薬剤師とは異なり、医療機関では医師や看護師、あるいは他のCRCとのコミュニケーションが頻繁に伴います。そうした院内でのコミュニケーションを円滑に行うために、臨床経験が重要となるのです。

またインフォームドコンセントなどでは、被験者へ安心感を与えるコミュニケーションが欠かせません。企業や薬局などの場合、多くは健常者や既に医療機関で治療を受けた人が相手です。しかし治験においては、実際に持っている疾患の治療を目的に新薬を服用しようという方もいるのです。効果が確証されていない新薬を服用されるわけですから、被験者の心理的負担は大きなものです。CRCは、そうした負担を取り除いてあげることも大切なのです。

CRCになるには、薬学知識があるだけでは不十分なのです。医療全般の知識と、医療現場に関する経験・知識をあわせ持ってこそ、CRCとして求められる存在と言えるでしょう。臨床経験があるのと無いのとでは、転職の際にも応募出来る数が大きく異なります。

医療機関での臨床経験は、3年以上を目安に考えると良いでしょう。その際、今後CRCとして関わっていきたい領域が決っているのであれば、医療機関もその領域に関わる分野で就業経験を積むことをお勧めします。例えばがんなどは、治験の中でも特殊な領域です。がん領域での臨床経験者は、転職の際にも強いアピールポイントとなります。

またCRCになるには、医療機関以外にも就業先があります。それは、SMOと呼ばれる機関に属する企業です。これはCRC業務において、実際に治験の行われる医療機関をサポートする企業になります。特定の医療機関で就業するのではなく、治験が終われば別の医療機関で就業を行う機会もあるでしょう。SMOの従業員として、医療機関に入ってCRC業務を行うわけです。医療機関に直接雇用されるCRCは、非常に求人も少なくなっています。CRCを目指すのであれば、SMOでの就業も検討しておくと良いでしょう。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.