CRCの意味

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCの意味

CRCとはClinical Research Coordinatorの略で、治験コーディネーターという職種を意味します。この治験コーディネーターは、新薬の臨床開発である治験を支える職種の1つです。名前の通り、治験全体をコーディネーションする重要な意味を持つ仕事です。

治験を行う医療機関は、治験実施施設と呼ばれます。CRCはこの治験実施施設において、治験の進行全体をサポートします。具体的には新薬を服用する被験者や治験を実施する医師、または治験を医療機関へ依頼している製薬会社との間に入り、治験全体がスムーズに進行されるように調整を行います。その過程においては、スケジュール管理や進捗状況を製薬メーカーへ伝えるための報告書作成、被験者の心理的ケアを行うといった業務が伴います。あるいは製薬メーカーから依頼を受けた後に、実際に治験を行うにあたっての打合せへ参加したり、あるいは製薬メーカーから進捗状況を確認しに医療機関へ訪れるCRA(Clinical Research Associate:臨床開発モニター)の対応をしたりといったことも、CRCが必要とされる意味といえます。

製薬メーカーにとって、CRCは治験の進捗状況を知るための調整・連絡役といえます。医療機関側の窓口として製薬メーカーからの連絡を受けたり、CRAが訪問するスケジュールの調整を行ったりするのは、主にCRCになるでしょう。CRCが治験及び医師のスケジュール等を確認し、訪問可能な日時を調整するわけです。しかし医療機関内においては、また別の意味を持ちます。まず医師にとっては、治験を円滑に行うための良きパートナーとなるでしょう。CRCが治験の実施状況を把握してコーディネートしてくれるからこそ、医師は安心して治験を行うことができるのです。また医療機関内では、医師以外に被験者とも多く関わります。この被験者にとっては、治験の実施期間中に最も自分の近くにいる、頼れる相手になるでしょう。治験期間中は、スケジュールに則った行動以外が許されません。これは、適切な試験結果を得るためです。しかし疾患による不安や、拘束に伴うストレスなどは大きなものとなるでしょう。被験者にとってのCRCとは、そうした心の支えともいえる存在なのです。

このように、コミュニケーションを取る相手によってCRCは様々な意味を持ちます。CRCとして働くのであれば、自分が誰にとってどんな意味を持つ存在であるかを、客観的に知っておく必要があるでしょう。それでこそ、相手の立場に立った適切なCRC業務遂行が可能になるのです。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.