CRCの面接

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCの面接

CRCでの転職に、面接は避けては通れません。ほとんどの場合、まず書類選考を行った後に面接が行われるでしょう。またその面接も、1度ではないことが多くあります。2〜3回の面接を経て、やっと内定を得られるというケースが多いでしょう。

CRC業務に大切なスキルの1つとして、コミュニケーションスキルがあります。CRCは院内の医師や他スタッフ、被験者、さらには外部関連企業・機関とも頻繁に接することになります。治験を計画的かつスムーズに進行するには、CRCのコミュニケーションは大切な要素です。面接では、そういった視点からもCRCの受け答えを見られているのです。面接での受け答えが明確でハキハキしており、聞かれたことに対して的確な返答をされているのか。そうした点を、面接官は「この人は、CRCとして就業したらどんなコミュニケーションを取るのか」と考えながら見ています。


面接と聞くと、気になるのは「何を質問されるのか」といったことでしょう。これは、CRC経験者と未経験者とでは若干異なります。SMOでの面接を例に挙げて、どんなことが聞かれるのかを見てみましょう。


<未経験者の場合>

・これまでの業務経験について

・これまで関わってきた疾患領域について

・なぜCRCになりたいのか

・なぜSMOで働きたいのか

・なぜ数あるSMOの中でも、うちの会社で働きたいのか

・どんな領域の治験に携わりたいか

・CRCとして、どうキャリアアップしていきたいか

・業務を行う中で、特に大切にしていることは何か など


<経験者の場合>

・CRCとしての業務経験について

・CRC業務の中で、これまで大変だったことは何か

・なぜSMOで働きたいのか

・なぜSMOで働きたいのか

・なぜ数あるSMOの中でも、うちの会社で働きたいのか

・どんな領域の治験に携わりたいか

・CRCとして、どうキャリアアップしていきたいか

・これまでCRC業務を行う中で、特に気をつけていることは何かあるか など


面接で何を聞かれるかは、応募先によって様々です。しかし大枠では、上記に挙げたような内容を聞かれることが多くなるでしょう。

特にSMOでは、「なぜ数あるSMOの中で、自社に応募したのか」という点を良く聞かれます。ここには、CRCとして取り組む業務は他社ともほぼ同じである中で、自社の何に惹かれているのかを確かめる意図があります。またはそのために、自社についてしっかりと調べてきているのかを知ろうという思いもあるでしょう。例えば強みとしている疾患領域や実績、業務体制、あるいは医院経営の理念といった点は、面接前にあらかじめ調べておく必要があります。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.