CRCの資格

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCの資格

法律上、CRCとして働くのに特別な資格は必要ありません。治験に関する法律であるGCPにおいても、CRCは医療関係者と定められています。これは「医療資格を持つ人」ではなく、「医療の知識を有すると認められる人」を示すのです。

しかし実際には、CRCとして働く人の中には様々な資格を持った人がいます。特に中心となるのは、医薬系の知識を持ちながら臨床現場での経験を持つ人でしょう。代表的なものを、以下の通り挙げてみます。


・薬剤師

・正看護師、准看護師

・臨床検査技師


こうした資格が求められる要因としては、まず医療現場についての認識や関連知識の保持といったものが挙げられます。治験結果である検査値を理解したり、被験者の心理的ケアなどを行ったりするには、こうした経験・知識が大切なのです。

しかしその他にも、資格の特性や過去に経験した業務バックグラウンドを活かして、以下のような人もCRCとして業務に取り組んでいることがあります。


・CRA(臨床開発モニター)経験者

・管理栄養士

・獣医師


CRAの場合は、製薬メーカー側に立って治験全体を知っていることが、CRCとしても適正があると見られることが多くあります。実際にCRCも、治験を実施する過程ではCRAと多くコミュニケーションを取ることになるでしょう。CRAの中には医療系資格を持たない人もいますので、無資格からCRCを目指すのであれば、CRAとして経験をまず積むことは1つの方法といえるでしょう。


しかしCRCの中でもSMOに所属するCRCの場合には、業務に就いてから更に資格を持つことができます。それは、「CRC認定資格」と呼ばれるものです。この資格は、治験を実施する医療機関をサポートするSMOの団体である「日本SMO協会」や、薬理治療における研究等を行う日本臨床薬理学会などによって取り組まれる資格です。それぞれに規定の試験があり、その試験に合格することで認定資格を得られます。多くのSMOでは、所属するCRCに対してこの認定資格取得を推薦・義務化し、そのための勉強会などを開く企業もあります。日本SMO協会に加盟しているSMOの場合には、やはり日本SMO協会の実施する認定資格を取得させることが多いといえるでしょう。


このようにCRCは、資格という形でも終業後にステップアップするためのフィールドがあります。認定資格を取得することによって知識が深まるだけでなく、CRCとして確かな知識を持っているという証明にもなるでしょう。資格取得のために勉強した知識を現場で活用することによってこそ、優秀なCRCとして活躍していくためのフィールドが拓けてくるのです。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.