CRCの転職のポイント

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCの転職のポイント


CRCに転職したいと考えるのであれば、まず求人募集を探すことから始まるでしょう。求人情報については、以下のような方法で得ることができます。


・転職ポータルサイト

・企業や医療機関のホームページにある求人ページ

・人材紹介会社への登録


あるいは知人でCRCをしている人がいるのであれば、その人経由で紹介を受けることができるかもしれません。また既に医療機関で働いており、その医療機関が治験を行っている場合には、院内公募でCRCを募集しているケースもあります。


CRCとして就業できる先は、大きく分けると医療機関とSMOの2つです。医療機関への直接雇用は非常に狭き門であり、多くはSMOでの就業になるでしょう。しかしSMOも、他業界の企業と比較すると数が多いわけではありません。そのためCRCとして転職する場合には、限られた求人の中で転職先を探していくことになります。

先に挙げたポータルサイトと人材紹介会社では、得られる求人情報の数・内容も異なります。多くの転職先情報を得たいと考えるのであれば、両方を美味く利用していくことがポイントとなるでしょう。またホームページから求人情報を見つけ出すには、少し手間がかかります。例えば日本SMO協会のホームページにアクセスすれば、協会加盟の企業が一覧で見られるでしょう。しかしその加盟企業が、全てではありません。非加盟企業での転職情報を探すのは、なかなか大変な作業になります。


SMOでは、一般企業と同じように書類選考や面接が行われます。資格があるから、必ずしも就業できるとは限らないのです。特にCRCとして転職を考える上では、面接でのコミュニケーションも大切になります。面接官は面接を通して、あなたがCRCになった場合に、医師や被験者、あるいは外部とどのようなコミュニケーションを取るのかを見ているでしょう。CRCでの転職では、そうしたコミュニケーション能力も磨いておく必要があるのです。


また特にある程度のキャリアを他で積んでいる場合には、給与等の諸条件もきちんと確認しておきましょう。CRCは資格が必須の業務ではないということもあり、例え薬剤師として調剤などを長く経験した方でも、未経験として就業することになります。そのため、給与等も下がるケースは多く、以後の経験に応じて改めてキャリアアップをはかっていくこととなります。もちろん、給与以上に大きなやりがいを得られる仕事ではありますし、薬剤師としての専門性を活かすことはできるでしょう。しかし例えば生活上の都合で最低限必要な収入が見えているといった場合には、条件面の事前確認は大きなポイントといえます。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.