CRCの役割

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCの役割

治験を行うにあたり、CRCの役割は多岐にわたります。CRCは基本的に、医療機関において就業します。しかし、治験を依頼する製薬メーカーと治験を実施する医師、あるいは治験を受ける被験者との間に立って業務を行うため、それぞれに対して異なる役割を持つのです。その内容を、立場別に見てみましょう。


<製薬メーカーにとってのCRC>

製薬メーカーにとって、CRCは医療機関の窓口的な存在です。治験の実施状況を確認したり、あるいは自社のCRAが訪問する日時の調整を行ったりする場合には、そのほとんどをCRCとの連携の上で取り組みます。もちろん、治験の内容・目的といった詳細もCRCに把握してもらう必要があり、製薬メーカーにとってもCRCは治験を成功させる上でとても重要な役割を担っています。

治験では、一切のミスが許されません。これは医療という特性上、当然のことです。例えば服薬のタイミングや量を間違えたり、製薬メーカーに挙げる報告書の内容に誤りがあったりすれば、巨額の費用をかけた治験の全てが白紙となってしまうのです。


<医師にとってのCRC>

治験はあくまで、医師が主導となって実施されます。しかし、医師一人で治験を全て実施していくことは不可能といえます。そこで大切なのが、CRCなのです。CRCは医師にとって、治験を行う上でのパートナーの役割を担います。製薬メーカーへの連絡伝達や被験者のサポート、書類作成・管理など、CRCが行う業務は多岐にわたります。CRCがこうした業務を担当してくれるからこそ、医師は適切な治験実施をできるといえるのです。


<被験者にとってのCRC>

被験者は、決められたスケジュールに則って服薬を行います。全ての行動は治験の実施計画に則って進められるため、自由度は高くありません。また入院型での治験であれば、場合によっては長期にわたって病室で過ごす事になります。治験には健常者を対象としたものもあり、つまりそういった被験者は健康であるにも関わらず病院での生活を余儀なくされることになります。疾患を持つ方であっても、効果が確約されていない新薬を服用するということには、多きな不安が伴うでしょう。

そんな被験者にとって、CRCは最も身近な存在です。CRCとのコミュニケーションによって、被験者は治験を乗り切るわけです。CRCは被験者にとって、治験を不安なく受けるための頼れる存在という役割を担うのです。


如何でしょうか。接する人によって、CRCは様々な役割を持つことが分かると思います。

またSMOから派遣されてCRC業務を行う場合には、CRCはSMOにとってのまさに顔といえます。CRCの評価が、そのままSMOの評価となるのです。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.