CRCと薬剤師

>>看護師の資格をお持ちの方はこちら<<

CRCと薬剤師


治験とは、まだ世に出ていない新薬の開発過程において、その効果や有効性、あるいは副作用といった情報を集めるために行われる臨床試験です。医療機関において人体へ服薬を行い、それらの情報を収集・分析します。CRCは、医療機関においてそのスケジュール管理や被験者ケアなどの全般を担います。

扱うものは薬剤ですので、やはり医療・医薬に関する知識が必要になるでしょう。法律上は資格保有が義務づけられているわけではありませんが、実際には関連資格を持つ人が多いのがCRCという仕事です。その中でも薬剤師は、適正の高い資格といえるでしょう。なぜなら薬剤師が専門とするのはまさに「薬剤」であるからです。

CRC全体の中で、薬剤師の資格を持っている方は多いわけではありません。最も多いのは、看護師でしょう。なぜなら看護師は、その絶対数がまず薬剤師と比較して多いからです。また薬剤師は、CRC以外にも就業の幅が広く、例えば調剤薬局や院内薬剤師、ドラッグストアなど就業先が別れるのです。またCRCという職種は医療機関内で働くものであるという特性上、薬剤師にとってはあまり馴染みのある仕事ではないということも要因として考えられます。

しかし、薬剤師が直接的に誰かのケアや医師との調整などに関わる機会は、あまりありません。例えば自身が調剤した薬が、患者にどういった効果を与えたのか。これは、調剤薬局ではあまり知ることはないのです。また殆どの仕事において、薬剤師が扱う薬剤は市販された後のものです。まだ世に出ていない薬剤の開発に携わりたいと考えるのであれば、CRCは大きな可能性を持つ仕事といえるでしょう。そういった意味でも、薬剤師にとってCRCは少し異質な仕事といえるかもしれません。

薬剤師がCRCとしての仕事を行う場合、2つの大きな壁があるでしょう。1つは医療機関という就業環境と、もう1つは被験者とのコミュニケーションです。企業などと比べ、医療機関はまさに医療の最先端といえる就業場所であり、雰囲気や業務体制などは、全く異なるものでしょう。他では触れないような医療全般の用語も飛び交い、看護師や医師、あるいは他関係スタッフも多くが同じ職場で働いています。また治験を行うのに、被験者はなくてはならない存在です。その被験者に対する服薬指導や、何かあった時の相談相手、心理的負担をケアするといったことも、CRCの仕事です。これは薬剤師が関わる他業務では、ほぼ経験することのないものといって良いでしょう。薬剤師としてCRCの仕事を目指すのであれば、既にある知識・経験を活かす以上に新たな学びを得ることも大切なのです。

(※)薬剤師の方でCRCに転職したい方やCRCで年収アップを目指したい方は、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などのCRC転職サイトに登録されてみて下さい。CRCの転職は売り手市場ですので好条件の案件は割と多くあります。最初は1分で簡単な登録を行えば各種求人案件の詳細を閲覧できるようになりますので初回登録からお進みください。

薬剤師専用!CRCに強い求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>>TOPページでCRC求人サイトランキングの2位以降を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 CRC求人.jp All Rights Reserved.